HOME 東京鶴丸会について 東京鶴丸会 会則

東京鶴丸会について
東京鶴丸会とは?
東京鶴丸会 会長挨拶
東京鶴丸会 理事紹介
東京鶴丸会50回のあゆみ
会報「はろばろと」
東京鶴丸会 会則

東京鶴丸会 会則

鹿児島県立鶴丸高等学校 東京同窓会 会則

第1章  総 則

第1条

本会は鹿児島県立鶴丸高等学校東京同窓会(東京鶴丸会)と称し、母校の発展と主として関東近郊に居住する会員相互の交流をはかることを目的に、1961年6月6日に設立する。

本会は鶴丸高等学校及びその前身たる一中・一高女・夜間課程の卒業生(在籍したものを含む)で組織する。

本会は、目的遂行のため、次の事項を行う。

  • 1 会報の発行
  • 2 会員名簿の管理
  • 3 毎年1回の定期総会の開催
  • 4 その他

第2章  役員等

第1条

本会に役員として、会長1名、副会長6名以内、理事若干名(会計係を含む)を置き、会計監査2名を置く。

第2条

会長は総会において選出する。副会長・理事及び会計監査は、会長が指名し、総会で承認する。役員の任期は3年とし、再選を妨げない。

第3条

会長は本会を代表する。会長に事故ある時は、副会長がこれを代理する。又、理事は会長の指揮のもとに、会務を分掌する。理事会は会長・副会長・理事で構成する。理事会は本会の予算及び決算を審議し、臨時の重要事項について会議の評決の任にあたる。会計監査は、会計事務を監査する。

第3章  総 会

第1条

本会は毎年1回定期総会を開き、会務を報告し、同時に事務引継ぎを行う。総会の決議は出席者の評決によって決する。又、臨時総会は理事会が必要と認めた時、あるいは会員20名以上の請求があった場合に開催する。

第4章  会 計

第1条

会員は年会費を納めるものとし、理事会により選出された会計係は毎年定期総会において会計報告を行う。

第2条

年会費は理事会が決定する。

第3条

本会の会計年度は8月1日より、その翌年の7月31日までとする。

(1997.5.31 第31回総会で変更承認)

第5章  附 則

第1条

本会則の改訂増補は総会の決議を要し、本会の事務細則は理事会において定める。

第2条

本会の所在地を東京鶴丸会事務局長自宅に置くものとする。

又、この会則は1993年4月1日より施行する。

このページの先頭へ